スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

積み技サイクル

wrotom.png n649.gif n649.gif n649.gifn649.gifn649.gif

第20回シングル厨オフで準優勝されたトルンさんの積み技サイクルの考えを基に考えたptです。
非常に勝率はよく、このptで100戦ほどは潜りましたが常に1700台安定していて非常に優秀でした。
種族名技1技2技3技4持ち物
水ロトムボルトチェンジハイドロポンプリフレクターひかりのかべひかりのねんど
ソーナンスカウンターミラーコートアンコールみちづれオボンのみ
パルシェンつららばりロックブラストこおりのつぶてからをやぶるいのちのたま
キノガッサローキックたねばくだんきのこのほうしみがわりどくどくだま
ウルガモスだいもんじむしのさざめきめざパ地ちょうのまいむしのジュエル
カイリューげきりんしんそく炎のパンチりゅうのまいラムのみ


積むポケモン中心にして舞ったポケモンを止めに来るポケモンを起点に他のポケモンで積んで全抜きを狙っていくみたいなptですね。

個別解説:
●水ロトム@光の粘土
 穏やか:157-X-138-126-161-108

C182眼鏡ラティオスの流星群耐え、無振り同速抜き抜き、残りB全振り
基本的には壁はってボルチェンして後続の積みの起点作りが主な仕事。
起点づくりポケは色々施行している間で回してみましたが、ドリュウズが非常に重くなってしまうことが多かったため、ドリュウズに対しての牽制も含めて採用した。

●ソーナンス@オボンのみ
 図太い:284-X-121-X-92-53

多分ナンスの配分で一番ベタなやつですね。
もうちょっと環境に合わせて、配分とかいじりたかったんですが、うまく配分纏まらなかったので、テンプレ配分になりました(
今はもっといい配分あるんじゃないかな。

ソーナンスというポケモン自体、高い耐久を利用して後出しから苦手なポケモンとかを逃さず狩るみたいな印象が強いと思います。
今回はこれも勿論仕事の一つですが、「相手の補助技を縛って後続の積みの起点にする」というのが今回のptでの最大の仕事です。
例えば、ソーナンスの誘いやすい毒々をアンコしガッサの起点にしたり、鬼火をアンコしてウルガの起点にしたり・・・
ただし、今回は電磁波を受けれるポケモンがいなかったのがちょっと辛かったところですね。

●パルシェン@命の珠
 陽気:127-146-200-X-65-134

殻破+命の珠で一度破ったら非常に受けることの難しい超火力を叩き出します。
氷の礫の採用理由は、相手のパルシェンに先に展開されると止めるのが非常に難しいため襷圏内まで削っていればとどめをさせるため採用しました。
また、殻破後の珠礫で耐久調整ボルトとかも吹っ飛ぶため、電磁波での全抜き阻止を許しません。

あと、、、これ絶対意地っ張りの方がいいと思います。はい。育成だるくって使い回してました(
意地っ張りでSを殻破後115族とか120族とかまでで抑えて(ほぼ無振りですが、、、)耐久にがっつり振ってもいいと思います。
本来陽気にして氷柱針とかで倒していたポケモンはだいたい礫で吹っ飛ぶんで。
あと、Sが遅いことで相手の攻撃を食らってから殻破る相手が多くなるため、珠ダメ合わせての過労死もしにくくなりますし。

●キノガッサ@毒々玉
 陽気:153-151-103-X-92-134

こちらもテンプレ配分。ハメゲーしたかったのでローキック入れましたが、火力不足に悩まされることも多かったので、きあぱんとかいれてもよさそう。
また、ptに岩がガン刺さっているので、誘ってはめる。。。みたいなことが出来ればいいですね!!!
ただ、ガッサがいる時点で相手の挑発持ちを誘いやすいため、他のポケモンの積みが妨害されないように気をつければ。

●ウルガモス@虫のジュエル
 控えめ:167-X-86-198-125-152

現時点で重い、超タイプとかに強いので採用。
ウルガナンスの形にもなっているので、ラム身代わりとかでもよかったけど、ヒードランやテラキオンなど苦手なポケモンが苦手なポケモンの一部に打点持てるのでめざ地を採用。
虫ジュエルは、舞ったあとHDバンギで止まるのを防ぐため。また、水ロトムとかも一発で落とせたりと虫ジュエルは結構優秀。

●カイリュー@ラムのみ
 陽気:167-186-115-X-120-145

振らなくても耐えるし振っても耐えないのでASぶっぱ。
ガッサと同速意識で最速は譲れないと思うけど、舞ったあとの抜き性能に期待するなら意地っ張りもあり。
マルスケがあるため、非常に舞いやすく抜き性能も高い。その為、壁貼らない場合の初手がかなり多かった。

--------------------------------------------------

このpt自体は相手に先に展開されるのが非常に苦手なので、いかにして先に展開していくかが鍵になると思います。
個々のスペックが高いため事故も少なく、舞って全抜きしていくことが基本のptなので全体的にかなり試合時間がかなり短かったです。

また、このptには鋼がおらずラティオスより素で早いポケモンがいないため、かなりの確率初手に出てきます。
で、ナンスを出すと大体トリックしてくれるので、パルシェンに交代→殻破→全抜きということがかなり多かったです。
この時点でパルシェンはオボンを持っているはずなので、受けに来る水タイプの技をオボン込みで2回耐えたり耐えなかったり・・・

使っててすごい楽しいptでした

 
[ 2012/03/12 00:02 ] パーティ考察 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。